カードローンと返済額

カードローンの契約をして借入れをする時、必ず確認しておきたいのが毎月の返済額です。

 

例えば同じ5万円を借入れした場合でも、アコムなら毎月3,000円、アイフルなら毎月4,000円の返済と、返済しなければならない金額の算出方法が違います。中には、少額の借入れであっても最低の返済額が1万円からというカードローンもあります。自分が契約するカードローンでの返済額のイメージは事前に確認しておきましょう。

 

毎月の返済額が大きい方がいいのか小さい方がいいのか、これについては小さい方がやや有利といえます。返済額が少ない方が返済の負担が楽になりますが、カードローンの多くは決められた期日や金額以上の返済も随時可能だからです。

 

毎月の返済額が大きい場合、生活が辛い月であってもたくさん返済しなければなりません。返済額が少ない場合は、余裕のない時は最低限の金額を返して、余裕のある時に多めに返すといったように、融通が利かせられます。自由度が高い分、毎月の返済額が少ない方が有利です。

 

ただし、毎月決められた金額以上を返済できない、意志の弱い人の場合、敢えて毎月の返済額が高いカードローンを選ぶのも1つの手です。そうしておけば、意志が弱くても多めに返済せざるをえなくなるからです。

 

それでも返済が負担になってきてしまった、当初の予定よりも毎月の支払いが苦しくなったと感じるなら、返済が軽いカードローンへの借り換えローンを利用すると良いのではないでしょうか。