審査で必要な在籍確認とは

カードローンの申込みは手軽に行えます。手続き時間もそれ程かかりませんが、審査の際には在籍確認がある点には注意が必要です。審査の前に、今の年収や働いている職場、家族構成などなど、色々な質問を受けますが、これはその人の返済能力を判断するために用います。しかし、もしも申告内容に虚偽の内容が混ざっていると、審査が正しく行えません。

 

特にその職場で働いているという情報は、収入に直結する大切なポイントになります。そこで、在籍しているかどうかを確認するのですが、これは消費者金融でも銀行系のカードローンでも、必ず行われます。

 

ほとんどの金融機関で、在籍確認の方法は電話を採用しています。つまり、職場に直接電話をかけて、○○さんいませんか?と直接聞いてみるのです。これなら本人が電話に出ても出なくても、会話の流れから在籍しているかどうかがわかります。

 

職場への電話というと抵抗を持つ人も多いですが、クレジットカードの契約時にも在籍確認の電話はあります。もちろんクレジットやカードローンの社名を名乗ってはこないので、職場で電話を出た人には個人名しかわかりません。

 

もしも在籍確認の電話が困るのであれば、大手の消費者金融に電話で直接相談してみましょう。理由が正当なものであれば、保険証などの書類での在籍確認に応じてくれる場合もあります。

 

また、モビットではWeb完結の手続きで申し込みを行うと電話不要で契約ができるので、在籍確認の電話が不安な方はモビットでの手続きをWeb完結で進めると良いでしょう。