消費者金融で失敗しないために

チョットしたお金のトラブルであれば、あれこれ悩むよりも消費者金融で借りてしまった方が早いです。とにかく融資まで時間がかからないのが特徴で、事前準備もほとんど必要ありません。カードローン契約者の多くは、思ったよりも簡単ですぐに貸してくれたと感じています。

 

しかし、手軽であればこそ、消費者金融で失敗しないためのポイントは抑えておきたいところです。カードローン選びも含めた、失敗しないためのポイントをまとめました。

 

 

即日融資の条件を確認しておく

急ぎでお金が必要であれば、即日融資かどうかはとても重要です。即日融資とは、申込んだその日の内にお金を受取るサービスをいいます。大手消費者金融もそうですが、最近では最短即日融資の銀行系カードローンも増えてきています。

 

ただし、最短即日融資だからといって、必ずその日の内にお金が借りられるとは限りません。まず、審査が長引くなどの理由で、当日の融資に間に合わない可能性は、どこを選んでもあり得る点には注意しましょう。

 

その上で、初めから即日融資の条件を満たしていない状況で申込みをしないようにしなければなりません。よくある失敗例として、土日や祝日に申込んだら審査が平日まで行われなかったというパターンです。これは銀行系のカードローンによくあります。銀行業務の多くは平日の15時で終了してしまうので、審査や契約手続きが15時以降や土日祝日でも対応可能かどうかは必ずチェックしましょう。

 

また、これも銀行系のカードローンにありがちな失敗例なのですが、その銀行の口座を持っていないと即日融資に対応できない場合もあります。これも見落としがちなポイントなので注意しましょう。

 

代表的な口座が必要となる即日融資の条件を設けているのがみずほ銀行の即日融資カードローンで、口座をお持ちでない方の最短即日の利用は難しくなっています。

 

条件によって変わる必要書類

カードローン申込みに必要な書類は本人確認書類です。免許証を取得していれば免許証、なければ保険証や住基カードなどを使います。ただし、本人確認書類の住所と現住所が異なる場合、住民票などの補助書類が必要になります。免許証の更新をしていない人は注意が必要です。

 

また、借入金額によっては、免許証の他に収入を証明する書類が必要になります。直近2カ月分の給与明細や源泉徴収票、納税証明書などのいずれかを提出しなければいけません。収入証明書類の準備は面倒なだけでなく、せっかくすぐに終わるはずの手続きに余計な手間が発生します。

 

消費者金融の場合、50万円を超える借入れ、または他社を含めた借入総額が100万円を超える申込みの場合には、収入証明書類が必要になります。

 

来店不要で契約できるか

カードローンの申込みは店頭以外でも対応しているのが当たり前になってきています。大手消費者金融の場合、インターネットからの申込みはもちろん、専用のアプリまで用意してあるほどです。これでパソコンやスマホから、手軽に申込みができます。

 

来店不要で申込みできるメリットは、手軽さももちろんありますが、誰にもバレずに借入れしやすいという点も大きなポイントです。また、カードローンの申込み自体が不安だという人も、インターネット越しなら抵抗がなくなるというケースもあります。

 

気を付けたいのが、ネットから申込みはできるとしても、契約までインターネットで完結するかどうかです。インターネットからの申込みに関しては、銀行系のカードローンでも大抵対応しています。それが地方銀行であっても、公式サイトから申込みが可能な所ばかりです。

 

しかし、ネットでできるのはあくまで仮申込みまで、本契約の際には来店が必須という場合もあります。融資可能かどうかはネットで調べられても、結局契約は来店というのであれば、ネット申込みのメリットは半減です。来店したくない、できないという人は、ネットで契約まで行えるかまで確認をしておきましょう。

 

大手の消費者金融であれば問題はありませんが、ネットでの契約は時間によっては契約後の借り入れが利用できない場合があります。その際には契約機を使うと便利なので、大手のプロミスで借りる場合なら練馬にもあるプロミスの契約機での手続きを進めるなどを考えてみるべきです。